ロゴ ロゴ

「さめとく」な引越しを! FMCMでおなじみ「さめとく」な引越し!

フリーダイアルPC フリーダイアルPC

さめとくな単身引越し

単身引越し

単身引越しについて

 単身引越しの場合、家族転居よりさらにコストを安く「さめとく」に抑えたいと思われます。 その為には、逆に家族引越しの場合よりも複数の 業者からの見積もりを比べサービスの内容も細かく検討しておいたほうが良いでしょう。 特に今は単身引越し向けに各社が値段を抑えたシンプルなプラン・パックも豊富にありますのでそちらをご利用されるのもよいかと思います。
 また、単身引越しの特性上、日程や時間帯の融通が利きやすかったり、荷物の内容によっては家族の場合絶対欠かせない費用の項目を省けたりするので、 単身引越し独特のさめとくな節約ポイントというのが存在します。後述で詳しくご紹介していきます。


単身引越しの平均単価

単身での引越しの大まかな料金です。
時期 通常期 繁忙期(3月~4月) 自分で行う
料金 約42,000円 約49,000円 約20,000円
※トラックは2トン一台と作業員は1~2名

合わせて読みたい「さめとく」一覧

単身引越しに伴った手続き

 引越しの際に必要な手続きを時期ごとにリスト化しました。 詳しくはそれぞれのページで確認してください。

単身での引越しをさらに「さめとく」にするには

安くするためその一

 家族引越しに比べ、ある程度日程や時間帯の融通が利く単身引越しでは、土日や祝日を避け、便の時間帯も指定しないほうが大半の場合安く出来ます。 また、依頼するタイミングもなるべく引越しの閑散期を狙って、料金の交渉を有利に運べる可能性が高くなります。

安くするためその二

 遠方への進学や単身赴任が多い単身引越しでは、いかに持って行く荷物を減らせるかがポイントです。 特に家具や家電製品の場合、一つ減るだけでも運送費用はだいぶ違ってきます。 ですので、単身引越し特に1、2年間といった期間つきの場合に関して言えば、家具や家電は現地調達が良いかもしれません。 また最近では、レンタルサービスが含まれるプランも増えています。

安くするためその三

 もう一つ忘れてはいけない節約ポイントは作業の分割発注です。単身引越しは家族の場合に比べ全体の費用が抑えめになる分、 各項目の配分が重くなります。例えばエアコンなどの家電移設作業は引越しセンターに頼むと、窓口が一つになり楽ではあるが、 下請けに外注されるので余計な費用がかかる訳です。
 しかもエアコンも一台の場合が多い単身引越しでは台数割引も効きづらいです。逆にそれを専門的に扱っている電気業者に依頼することで、 全体の費用を大幅にダウンさせる可能性があります。どれぐらい安く出来るかは、下の具体例をご覧ください。

複数の引越し業者に予約を入れた場合

 複数の引越し業者に予約を入れた場合、 実際にお願いする一社以外はちゃんとキャンセルし忘れないようにしましょう。 ほとんどの場合、当日を含め二日以内でキャンセルをする場合は 引越契約金額の10%以上を違約金として請求されてしまいますので、気をつけましょう。
 単身引越しでもう一つ気をつけないといけないのが、各種手続きです。 荷物が少ないからと安心してしまうと、実際は身近で注意してくれる人が居ないので危ないです。 電気、水道、ガス、インターネットや各種届け、登録などがあります。 単身引越しの場合は何から何まで自分で覚えておかないといけないわけです。



このページをシェアする。

関連記事一覧


一人暮らし

 単身一人暮らしの方が引越しをする場合、引越し作業を自分でやる方も多いでしょう。ここでは、そんな単身一人暮らしの方の引越しについて記載しています。まず、自分で引越し作業を行う場合、車が必要になってきます。

つづきを読む




料金

 各社用意のある単身引越しプランですが、時期や空き具合によって大きく異なります。 早い目の注文で早期割引を実施している業者もありますので、色々な特色を把握して見積もりを依頼してみましょう。

つづきを読む




単身赴任

 単身赴任の引越しは、最低限必要な物のみを持っていくようにすれば、通常の引越しよりも大幅に安く抑えることができます。単身赴任の引越し料金の目安から引越しの流れと注意点を整理。急ぎの転勤にも活用してください。

つづきを読む




単身引越しアーカイブ

 単身引越しに役立つ豆知識を紹介しています。初めての一人暮らしや近距離での引越しなど役立つ情報を記載しています。

つづきを読む




海外

 引越しで海外に行かれる方は、大体転勤・入学・帰国と分類されます。転勤の場合、就労ビザの用意が必要です。

つづきを読む




近距離

 近距離の単身引越しの料金や業者選びのコツを徹底解説。少しでも安く、良いサービスを提供してくれる引越し業者の見分け方は?大手と地元の引越し業者ごとの得意不得意を把握すれば、金額もサービスももっと安くできますよ。

つづきを読む




荷物

 単身での引越しの場合、家族で引越す場合と比べて荷物も割と少なくて済みます。人によってはスーツケース一つで事足りる場合もあります。反対に場合によっては家族で引越す時よりも手間と労力がかかる場合もあります。

つづきを読む



ページトップへ