ロゴ ロゴ

「さめとく」な引越しを! FMCMでおなじみ「さめとく」な引越し!

フリーダイアルPC フリーダイアルPC

引越し相場【業者】



比較や相見積ってどうするの?

詳しくはこちらへバナースマホ


ポピュラーなんは比較サイトをつかったり 3社ほど探してそれぞれに見積もりを出させる

詳しくはこちらへバナースマホ

時期って具体的にいつが「安い」の?

 引越しが集中する繁忙期(3月~4月)はどうしても価格が上がってしまいます。
 とある家族で時期の違いだけでどのくらいの金額の差が出るかちょっと覗いてみましょう。

 実際にこのくらいの差が生まれてきます。A家もB家も家族構成や移動距離、荷物数はほとんど同じで引越す時期だけの違いでこのくらいの金額の差が出てきました。

引越しの時期がある程度自由に設定できるなら、 3・4月は避けたほうが無難です。

詳しくはこちらへバナー 詳しくはこちらへバナースマホ

日時だけで本当に安くなるの?

引越し業者で安くする03  変わります、日付で言えば仏滅の日は縁起が悪いから みんな避けてスポット的に安くなるし、時間帯もフリーにした方が安くなります!

詳しくはこちらへバナー 詳しくはこちらへバナースマホ

引越しの見積りを業者に頼むとき

 見積もりを引越し業者に依頼する方法で今もっともとられている方法が 自分で探すか比較サイトを利用するかのその2種類がメジャーです。
 自分で探す、やり方は業者のHPなどから直接依頼する方法ともう一つはネット上の 比較サイトなどを利用して見積りを依頼する方法です。 それぞれメリット・デメリットがあるので紹介していきます。

比較サイトから業者に依頼する

 引越しの見積りを比較サイトから業者に依頼する方法を紹介します。 先ず比較サイトにアクセスし情報を入力後、サイトによって変わりますが、 その後、メールや電話で引越し業者から連絡が来る。このパターンが多いです。

  1. 情報入力の手間が省ける。

     ある程度の情報は一度入力するだけで各業者に伝わるので説明の手間が少し省ける。

  2. 業者を探さなくていい

     数ある業者を自分で探して電話番号や連絡先、を調べて自分から行動を起こす手間が省けます。

  3. ある程度値段が絞れる

     これはサイトによりますがある程度大まかな値段が表示されるところもあるので価格もある程度把握できる。

  1. 連絡が鬼のようにくる。

     電話やメールが思っている10倍は掛かってくる。時間や場所は関係なく結構な勢いで掛かってくるので少し覚悟はしておいた方がいいでしょう。

  2. 関係のない業者からも掛かってくる

     使用する比較サイトによってはウォーターサーバーの営業電話が掛かってくることがある。

  3. 結局対応は個別で

     これも使用するサイトによって変わってきますが細かく入力した内容が伝わっておらず結局もう一度同じような内容を離さなければならないこともあります。

個々に自分で連絡して依頼する。

 次に自分で業者を探してそこから見積りを依頼するパターンについてですが、こちらも 基本的には比較サイトと同じで各ホームページに専用のフォームがあるのでそこに 情報を入力すれば業者より電話やメールで返事が来る流れです。 違う点は一軒一軒自分で探してフォームを入力しなくてはいけないのでそこそこ面倒です。 メリットとデメリットをまとめるとこんな感じになります。

  1. ある程度信用して依頼できる。

     比較サイトだと沢山の見ず知らずの番号から電話が掛かりまくりますが、基本的に自分が問い合わせをした業者からしか連絡が来ないので電話も出やすいです。

  2. 比較サイトよりも安くなることがある。

     中間マージンが無い分、各サイトで直接依頼すると安くなったり、特典が付いたりします。

  3. 前もってよく調べて依頼できる

     一軒一軒探しているとその業者の情報が多く入ってくるので自分がここに決めたと思った業者に依頼すると思います。そのためいきなり掛かってくる業者と違いある程度信頼して問い合わせをするので不信感が少なくて済みます。

  1. やっぱり個々に情報を入れるのはめんどくさい

     電話で問い合わせるにしてもHPのフォームで問い合わせるにしても個々で同じことを言わなければならないのでかなり面倒です。

  2. 時間が掛かってしまう。

     調べる時間、問い合わせる時間、情報を伝える時間ととにかく時間は掛かってしまいます。依頼しようとする業者が増えれば増えるほど比例して時間がかかるので急ぎの引越しにはつらいものがあります。

  3. 見積もりを出してもらった後断り辛いことも

     業者とコミュニケーションをとる回数もおのずと増えるので人によっては断る際申し訳ないと思ってしまい条件が悪くても断り辛くなってしまうこともあります。

見積もりを取るなら

 比較サイトから見積りを依頼するにしても自分で依頼するにしてもどちらも一長一短があるので自分のスケジュール等と相談して自分に合った形で業者とコンタクトを取ってください。

合わせて読みたい記事



このページをシェアする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こんな記事もおすすめ!

ページトップへ